2月27日のNHKニュース

2月27日のNHKニュースで、「社交不安障害」が取り上げられていました

2月3日の報道といい、以前と比べ、社会不安障害に対する認知度が少しは高まっているようですね。

 

FD(会食恐怖症)も社交不安障害・社会不安障害の一種ですが、様々なタイプの障害でお悩みの方がいらっしゃることが想像できます。食事の場面だけでなく、対人関係一般で不安を感じることになると、生活する上での支障も更に大きいことでしょう。

FDも、症状を放置して悪循環に陥ると、不安の対象が更に広がってしまうようなケースもあり得るかもしれません。

症状が悪化しそうな場合は、早めに医療機関に相談するべきでしょう。

 

ニュース中、「患者会」について報道されています。

互いの経験を語り合える場があるというのは、症状に悩む方にとって、安心材料の一つになると思います。

FDについても、フリートークできる機会があったら参加者がいらっしゃるでしょうか。

ホームページを訪問される方が増え、ご賛同が得られるようでしたら、そのうちこじんまりとでも「フリートークcafe」を企画してみてもいいかなと思っています。

 

以下、NHKのホームページから、記事を引用しておきます。

------------------------------------------------------------------------------------------------

♦「働き盛りで増える“社交不安障害」(2月22日付 NHK NEWS WEBからの引用)

 

会議で発言するのが怖くなったり、上司の前に出るとしゃべれなくなったりする、「社交不安障害」と呼ばれる病気の患者が働き盛りの人たちに増えてきているとして、患者たちが集まって「患者会」を作り、悩みを語り合う活動を進めています。

 

社交不安障害は、「人前だと話せなくなる」、「会合に参加するのが苦手」など、人との交流に強い不安や恐怖心を抱き、生活に支障が出る心の病気です。

人前に出ると震えが止まらなくなったり吐き気をもよおしたりすることもあります。

患者会を作ったのは大阪など関西地方を中心にした患者たちで、支え合う場を持とうと、互いの悩みを語り合う会合を開いています。

会合では20代の女性患者が、「同僚や友だちと食事をするとき、視線が気になってしかたがない。自分の手がどう見られているか気になり食べ物に手を出せないこともある」と話していたほか、30代の男性患者は、「上司の前に立つと緊張して汗が止まらなくなる。話すことさえもできなくなることがある」と語っていました。

患者会のメンバーは30代から40代の働き盛りの人が多く、症状が重いため仕事を続けられなくなるメンバーが目立っています。

また「あがり症」や「心配症」などと誤解されてしまうこともあるということです。

患者会「なかまの会」の代表の早野強さんは、「社交不安障害という病気があまり知られていないため、周囲につらさを理解されず苦しんでいる患者も多い。患者どうしが支え合う場をしっかり築いていきたい」と話しています。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    もも (水曜日, 29 4月 2015 00:57)

    以前こちらの総合的な体験に投稿したことがあります。たまに皆様の体験談などを見て、同じ苦しみを見つめてる人がいると、元気をもらいます。FDのことでフリートークができるなら良いなと思いました。同じ悩みを持つひとと繋がれると少し気持ちもやわらぎます。

  • #2

    sekstel (火曜日, 31 10月 2017 23:53)

    noseczek

  • #3

    wróżka w okolicy (土曜日, 18 11月 2017 02:30)

    hispanoamerykański