2013年

1月

19日

ドギーバッグって知っていますか。

 唐突ですけど、「ドギーバッグ」ってご存知ですか。

 

 ご存知の方も多いと思いますが、海外で訪れたレストランで、量が多くて食べきれないときに、「ドギーバッグ」を頼むと持ってきてくれる場合がありますよね。透明なプラスチックのお惣菜ケースみたいなアレですが、残したものを堂々と持ち帰ることができるので、安心感がありますし、残した場合の罪悪感が軽減されます。

 あれって、アメリカ文化圏だけで普及してるものなんでしょうかね?

 ヨーロッパだとどうなんでしょう。何となく、アジア圏だとあまりないような気がします。

 まあ、日本食は汁っぽいものが多いですし、日本人は食中毒などに神経質なので、文化的にあまりフィットしないのでしょうか。

 

 同じものが日本でも普及してくれると、外食の心理的ハードルが下がるし、特にFDの方でなくとも、食べ物を無駄にしなくて済むのでいいんだけどなあ、と思います。何か法的に問題があるのでしょうか。

 

 もし持ち帰り可能なレストランがあれば、どなたか教えてください。 ちょっと興味があります。